犬系アラサー女子の猫系日記

アメリカンに生きてみたい。会社組織で十ン年、忠犬ハチ公を続けて来たアラサー女子が気ままな猫系生活に転身してからのオキテやぶり日誌

「言ってること同じじゃん」

というか、カナリ久しぶりにここに来て、記事を投稿したあと何気なく過去ログを見て驚いた。今と全く同じことを言っているじゃんと。

 


結局私の今まで全ての原動力は猛烈な承認欲求からなっていて、よく、好きなことに猪突猛進だの健気だのと言われるけどそれは、ただただ自分の承認欲求に素直に動いているだけなのだと思う。

 

私は今まで、自分の中のドM気質はわかっていたし、それをうまく仕事に活用して来たのだけど、今ほどその気質を解放出来る環境に出会ったことは今までなかったと思う。

 

それも、元を辿れば私の今ある経験技術の殆どは恋愛が原動力になっていると言っても過言ではない。大本の「好き」は私自身にあったもの。こればかりは元々あったものだからなんとも説明しようがない。

 

高校を卒業するくらいまでは、「私これがやりたい!」という私自身の意思で成り立っていた。

 

けど、少なくとも専門学生以降、身につけた知識や技術、価値観などは、殆ど恋愛に帰属していると言っても過言ではないと思う。まぁ、大本にあるものが自分本来の意思からなるものだとしたら、それを適えるための知識や技術は恋愛の力を借りて身につけて来たという構図になるのだろうか。

 

とにかく、好きな人の目線を知りたい、世界を理解したい、という原動力が強くて、自分でも驚くほどの吸収力もある。興味を持つキッカケ自体がそこにあるのだと思う。

 

好きな人の興味があるもの=自分の興味があるもの

 

この時点でしっかり忠実なのだけど、それと共に、私を見て欲しい、認めて欲しいという猛烈な承認欲求があるからこそ、やってみせようと必死になるのかも知れない。

 

色々な記事を見ると、なるほど素直って言うのは自分の感情を表現することなんだなと。それは前から自然にやっているけれど、けど恋愛面では相手との距離が縮まるにつれて出来なくなっていた事だったかもしれない。

 

思い返せば、私は何故か、相手との距離が縮まるとプライドが高まって、マウントを取ろうとしたくなる。四六時中相手の連絡を待っていると、自分を構って欲しいんだと思われたくなくてわざと遅く返事をしたり、相手の都合にいちいちイライラしていたり。

 

構って

 

なんて口が裂けても言えなかった。そう言える人がうらやましくて、理解出来なくて仕方なかった。甘え方も全くもってわからなかったし、とにかく人に頼み事をするのが根っから苦手だった。そう考えたら、私はこの1、2年で

 

大きな人間的成長期

 

に入っているのかもしれない。

 

「甘えてくれる」は自尊心を満足させる。

 

甘えられる→受け止めてあげる→感謝される→俺スゲー

こんな自覚を持たせてくれる人には感謝の念と共に手放したくない気持ちでいっぱいになる。

 

確かに、この人素直ですごいなぁと思う時って、やられたって思う程、相手が一枚も二枚も上手だと感じたものだ。

 

自立型の人は、

・普段から色々な場所で自分自身を出せていないこと

・本当は自分はとても繊細で傷つくのがこわいこと

・弱さを見せることに抵抗があること

・本当は人に頼りたい、甘えたいこと

を自覚していく必要がある

 

まずは自分が甘えたい気持ちを受け入れてあげる。

身近な人に小さなことから甘えてみる。

 

・夜寂しくなって、こんな時間に迷惑かなと思っても聞くだけ聞いてみる

・こんな姿見せられないと思う姿ほど見せてみる

・大変な時に手伝って欲しいなと言ってみる

今までしなかったことをして成功体験を積む

 

今は本当に、いいバランスの中にあって、依存する危険なラインは充分に知った上で、甘える訓練が出来ている絶好の環境でありチャンス。それにしても、こんなに素直になれるようになって来たのはいつからだろう。

 

今の取引先とも怒って喧嘩して。私の性格改善に大いなる影響を与えてくれているのは確か。そしてその中でも扱いにくい人に対する耐性も付き始めているんだからすごい。

 

甘えてくれる人に依存するという心理もよくわかっている。

「素直訓練」

今私は、

 

素直になる訓練

 

をしているのだと思う。

若い頃なら絶対に出来なかった、独りなら絶対に言えなかった言葉を言えるようになって来ているのは年の功とも言えますが、それでも今はまだ、

 

目的意識があるから

よく思われたいから

 

という顕在的な考えで

 

素直さをやってみている

 

状態でしかないんですね。けど、自分でも驚くくらい、こんなこと言ってみちゃえるんだ、という言葉や感情が出て来たりもします。

 

けど、思い返せばある事を真剣にやり始めてからは、どれだけ傷つくことを言われても、どれだけイラっとしても、結果的には素直に受け入れて次に活かしていたし、まわりにも、

 

私今素直なんだよね

 

と言っていた気がする。自分がやりたいことをやっていて、それが自分の本当に好きなことだから故なのだろうけど、人間関係においてもここまで素直さを出してみているのは今が初めてかもしれない。

 

今まで上司には、目的ありきで素直で実直な社員を演じていた。演じていたとは言え、それは私の真髄であり性格の一部だったのかも知れないけど、支配欲が強かったり実は自己中だったりのもう一面からしたらド正反対の顔だから、自分でもどっちが本来なのかがわからなくなったりする。

 

けど、今の生活、素直な面でいた方がずっと楽。

 

ずっと前、私のどこが好きなのかと聞いた時、

 

素直なところ

 

と言われて、この人は私の事を全く理解していないし息苦しいなと思ったことがあった。それは今も変わらないし、犬である面は私の目的を達成するための武器でしかない事は確かなのだけど、噛み砕いてみるならば、私の真髄は素直で、対人に対する表面的な(自己防衛しようとする)感情が自己中なのかもしれない。

 

そう。これなんだよなぁ。最近企画をしていても、沢山の人の意見を聞き入れられるようになってる。私が尊敬する人も、アイディアを受け入れることに制限を設けないって言っていた。

 

「素直さ」は性格ではなく“能力”だ。 | 今週の朝礼

 

素直さは能動的な姿勢を指す。

他人の意見を聴く能力。

自己責任として行動を選択する能力。

 

そう言えば、去年の始め、新たなプロジェクトに参加するにあたって、「聴きます」ってプレゼンから始めたなぁ。けどその結果、素直にまわりの意見を聴けたおかげで結果を数字に出せたし、どんなものがウケるのかがわかるセンスが身に付いたんだよなぁ。

 

私は立ち向かう対象がいないと成長して行けないから、今は素直さを学ぶ良いコーチがいて本当に幸せ者です。

「呪縛」

けど本当、去年の今頃も一人の呪縛に精神病んでたけど、この2人の言葉を今一度メモっておきたい。

 

大抵の人間関係は3ヶ月で終わる。

永遠ではないから気を病まない事。

 

動物は、サバンナでワイルドアニマルに襲われる嫌な体験をしたら二度とその場所に行かなければいいだけだけど、人間は、嫌な体験をしても毎日通わなければいけない環境にある事が殆どだから、脳がやられてしまう。

 

嫌なら逃げればいい。

 

世界がそこにしかないと思うと途端に病んでしまうわけだよね。

 

そう。嫌なら逃げればいいのだよ。

世界は広いのだよ。

「やっと承認される側の時が来た」

なんか、わかった気がする。

今日、久しぶりに人嫌いになって。

前によく言ってた、コミュニケーション過多、人嫌い状態になって。

その原因がわかった。私は人と接するといつも

 

承認してあげる側

 

になってしまう。

その方法しかないし、基本的に人付き合いは苦手だから。

 

多分、サラリーマン生活をしてたこの十数年、私は基本、人を承認し続けて来たんだと思う。だから、承認し過ぎて疲れる度に疲れて辞めて。まぁ、辞めるのは他にやりたいことが出来たに他ならないんだけど、とにかく今回わかったのは、

 

承認の方向

 

について。

よく、日本人は承認するのが苦手だ。褒められない人種だ。とか言うけど、私だってそれは同じ。で、思うのは、自分が、人に与えるほど承認で満たされてなければ、まずもって人を承認することなんて出来ない。

 

かくいう私も、サラリーマン時代はずっと、その場で求められた、承認されるべくウソの自分を演じて生きて来たわけだけど。もう、ありのままを承認されたっていいじゃない、と思うわけで。

 

この働き方を始めて早2年半。

ようやく、やっと、本当にようやく、自分のありのままが認められ始めて来た気がする。

 

それには多大なる苦労が必要だったし、試行錯誤も迷走も沢山した。悔しい思いも悲しい思いも沢山した。けどそれは、求められるものと自分のありのままの部分の合致点を探し求める過程だったわけで、最近は、それがやっと見つけられ始めたって事なんだと思う。

 

だから私は活き活きしてるし嬉しい。

けど、やっぱり疲れる。どうしてもサラリーマン魂が抜けないから、すぐ人を承認するモードに切り替わってしまって、いつの間にか疲れる。

 

少し話は違うけど、昨日派遣で、初めて嫌な思いをした。

昨日はたまたま私をゆるく承認してくれる上長がいなくて、そんな日に限って新人さんが入って来た。

 

私は教えるのが好きだし、初めての人だからこそそれはもう明るく承認して迎えた。けど、まわりには色々な価値観を持った、色々な性格の人がいるわけで、昨日は自分とは正反対の価値観、性格を持った人に価値観を押し付けられて、久しぶりに嫌な思いをした。

 

まずもって言えることは、私は愛嬌よくしているし、人の心をよくする術を知っているつもり。だからこそ、基本的に私が頑張って接した人は私をよく思ってくれる。けど、それが大衆の面前になると、自分以外の人も私が承認しているのを見てやっかむ輩が出て来る。

 

私が特に苦手なのは、

・承認欲求の塊が故に人を達観的に見てネチネチ価値観を押し付ける自称冷めた人(熱い人や明るい人を見下して自分の地位を高めるタイプ)

・承認欲求の高い女性

 

前者は必ず、私が人によくしてるのを見て、「やりすぎ」「頑張りすぎ」「見ていて気持ちがわるい」などと言う。そういう人と真っ向から向き合って承認すると、大抵は中身は熱く、承認されたくて仕方がない人だとわかる。傷つきたくないから冷めた日々を送っているだけ。

 

後者はとにかく厄介。私は特にこの手のタイプに好かれまとわりつかれる。

 

そんなこんなで、派遣先で新人さんを相手にしていて、あぁ、この人もしかしたら危ないかもなと思った。一見おとなしく見えるけど、結構な承認欲求の持ち主で、この人は自分を承認してくれるとロックオンするとベッタリ依存するタイプに思えた。

 

そしてそれをはたから見ていた前者タイプの人にはうるさいと言われた。私の新人さんに対する態度へのやっかみを、上長がいないことで気が大きくなって伝えて来たのだろうなぁと思う。

 

なんだか久しぶりに人間関係の面倒くささを感じた。

私が一番合うのは、私と同じく自立していて他人にあまり関心がない人。

 

まぁそんなこんなで言いたかったのは、やっぱりリアルな人間関係って面倒くさいなって事。それと、これまでの試行錯誤の成果でやっと、ありのままの自分が認められる時が来ているという実感。

 

本当にありがたいことなのだから、

 

まわりの承認欲求なんて無視して

自分の事に精一杯突き進んで正解!!

 

そう自分に言い聞かせたい。

「猛烈な承認欲求」

なんだか、今の仕事へのやる気が明らかに薄まって来ていて、元を辿ったら、私は

 

猛烈な承認欲求の塊なのではないか?

 

って事がよくわかった。

いや、言うまでもなく、

 

猛烈な承認欲求の塊なんだけどさ。

 

本を正せば、恋愛感情なんです。

私が今の仕事に猛烈やる気になったのはまず、お偉いさんが名指しで指名してくれた事。このプロジェクトは私が頑張って引っ張って行かなきゃ!と物凄いやる気が湧き起こった。

 

それと共に、同プロジェクトのメンバーに軽い恋心を抱いた。

もうそこから恋心に撃沈するまでの3ヶ月(短っ)は猛烈に働いた。

毎日のように出社したかったし、恋愛感情と使命感みたいなものに突き動かされてた。

 

けど、今は他の事に夢中。

それもまた、わかりやすい形で承認欲求を満たしてくれるもの。

 

いつか、もう精神が疲れ切ってて、仕事なんか出来ないって思っていた時。大きなプロジェクトが決まってしまって、いや…私出来ないですよ…倒れますって…なんて弱音を吐いていたのに、それまた同プロジェクトのメンバーに軽い恋心を抱いて。

 

そこから恋心が消沈するまでの3ヶ月は我武者羅に働いた。

それもまた、出来上がった瞬間飽きちゃったのだった。

 

なんか、私がいつも感じるこれ(燃え尽き感、飽き感)て、遊び人の男性のそれに近しい気すらしてしまう。あれ程まで猛烈に目掛けていたのに、仕事が形を成した瞬間に興味がなくなってしまう。

 

けど、これが私の性格なのだと理解してうまく使っていくしかない。

 

話は元に戻りますが、とにかく、基本仕事に対しての姿勢は積極的ではない"はず"の私。なあんであんなにやる気満々になっていたのだろう?と振り返ると、猛烈な働きの裏には必ず恋愛感情があった。私にとって何よりの"得"なのだと思う。モチベーションの源と言うか。

 

根っからの恋愛気質なのかもしれない。

 

私は自分をSだと思っているけど、実は、

 

根っからのドMなのかもしれない。

 

というのも、前々回のプロジェクトの時も、今回も、我武者羅に働く私の根本にあるのは、

 

従事したい

 

という気持ちからな気がするから。

前回のプロジェクトの時は特にそうだった。この会社に従事したい、それはすなわち、相手に従事したいに繋がる感情。だからわかりやすいくらいに出社したし、四六時中この仕事の事ばかりを考えていた。

 

その前の時は、

 

とにもかくにも承認欲求

 

だった。

相手がとにかく承認がうまい人だったから、ハマって、私こんなことも出来るよ!こんな事も!と、まるで子供が

 

見て見て~

 

と、褒めてもらおうとおねだりしている様だった。

前回のプロジェクトの相手は、その人自身が承認欲求の塊だから、満たされずに早く撃沈したのだと思う。

 

というか、前回のプロジェクトの時、私は相手を承認しまくっていた気がする。いつも愚痴を聞いてあげて、大丈夫だよと認めて褒めてあげて。それが私の役得だとまで思っていたから、会社のカウンセラーみたくなっていたし、それでいいのだと納得していた。

 

けど、その見返りがあまりにもなかったのだと思う。認めるなら認めて欲しい、そんな不満が溜まっていたからこそ、違う世界に戻って来て、今までなんて

 

あげ損

 

をしていたのだろうとバカバカしくなって、今に至る。

 

そう、私は、ただただ承認が欲しいのだ。

 

承認してくれるところを探しているだけなのだと思う。

それも、自分のありのままに近ければ近い程いい。

 

最近、必死になって取り組んでいる傍らのプロジェクトを見て、気が病んでいた子にこう聞かれた。

 

目的は、有名になりたいってこと?

 

そう受け取ってしまうほど病んでいるわけねとイラっともしたけど、それに対する納得いく答えが出ていなかった。もちろん、末には有名になりたいという目的に繋がっていくのかもしれないけど、果たしてそれが私の求めているものなのか?今なら応えられる。

 

目的は、承認されたいってこと。

 

もっとわかりやすく言うと、

 

私のやっていること

私のやって来たこ

私の持っているもの

私の考えていること

私自身を

 

認めて欲しい。

 

それが目的。

 

これ、ものすごく素直な答えだと思う。けど、本当に、これだけ。

 

すごいね

いいね

そんなことも出来るんだね

考え方がいいよね

生き方がいいよね

もっと見たい

あなたの世界観大好き

 

そんな事を言ってくれる人がいたら、いつまででもやっていける。

 

ただやっていることが、背伸びや無理をしたりして、ありのままの自分から離れていってしまえばしまう程、疲れて、悪循環に陥ってしまうと思う。だからこそ、

 

ありのままの自分が

認めてもらえる場所

 

ありのままの自分が

人の役に立てる場所

 

そんな場所を見つけられたら、私たちは生涯幸せでいられる気がする。

 

場所は、特技、技術、性格、特徴、やりたい事、持っているもの、いろんな言葉に言い換えられると思う。

「情報過多」

そう。単に、脳が情報過多状態になるから疲れるしイライラする。

 

睡眠時間が少ないと前日の情報もまだ整理しきれていない状態だし、時々ある、ただただボーッと過ごしてしまう日は、脳がインプットオーバーな時なのかもしれない。

 

私はよく自分を、コミュニケーション過多になるから人との関わりが嫌いな人と言うけれど、言い方を変えれば、情報過多になるから外との関わりを制限したい人なのかもしれない。

 

情報過多じゃなければ人と話すのも好きだし人が何を求めているかを嗅ぎ取る技術自体が仕事になっているとも思う。

 

私は考える(情報を整理する)のが好きで、考えていない(整理出来ていない)と調子が悪くなって、それ以上の情報を一切受け付けなくなる=外との関わりを持ちたくなくなる。

 

外からの影響を受けやすいスポンジのような頭をしているから、影響を受けるべき情報のある場所は選びたいし、普段から頭は情報や分析でいっぱいだから、通常の付き合いまで脳が行き届かない。

 

これはもうずーーーーーっと変わらない事。

 

今日はなんだか、それがわかった日になった。

そして、これからが長い日でもある。

 

ごめん、これ以上は情報を入れられませんでした。

落ち着いて、脳に余裕が出来たら、ゆっくり食事にでも行きましょう。

「リーマン魂」

いくら自由人とはいえ、サラリーマン(組織人)時代が長かった私にはリーマン魂とやらが宿ってしまっているわけで…

 

いつの間にか、自然とリーマン魂で動いていると、私の中の作家が惨めなことになって行くのです。昨日はなんだか睡眠が足りていなかったのもあって、そんな事でモヤモヤしていた1日だった気がする。

 

それって何かっていうと、昨日歯医者でクリーニング受けててふと気付いた事。

 

私それまで、昨日も朝から晩までずっと、頭の中でいろんな考えを巡らせてヤキモキしてた。クリーニングを受ける直前まであーでもないこーでもないってLINEをしていて、イライラした状態で治療椅子に座った。

 

顔にいい香りのするタオルをかけられて、丁寧な定期健診とクリーニングを受けている内に、久しぶりに癒された気がした。その間はヤキモキする事なにも考えずに、ただただリラックスしていられたから。

 

昨日は朝から違った健診にも行っていたのだけど、問診表に「あなたがリラックス出来るのは何をしている時ですか?」なんて質問があって、ハッとした。ここの所、よく寝たな~と目覚めてもすぐにデスクについて、それからず~っと考え事をしながら手を動かして、いつの間にか深夜になって、寝るの繰り返し。

 

付き合いの飲みがあっても記念日があっても、毎秒考え手を動かし続けていたいのを無理矢理犠牲にして行くような感じだった。

 

好きでやってるし、ある意味依存しているのだろうし、常にその事を考えていなくてはいてもたってもいられない状態であることは確か。

 

けど、昨日の歯医者のように、ふと心の底からリラックス出来た事なんて、久しぶりだったんじゃないかと思う。

 

じゃぁ、ここ数ヶ月の私をこうしているものって何なんだろうと思い返してみた。このブログを始めた当初も言っていたけど、本来の私は、のんびり手芸屋にでも行って材料を探してのんびりモノづくりをしていたいのかもしれない。

 

けど今は、せせこましく沢山の頭を動かして、沢山の手を動かして、沢山の人を動かしている。だから疲れる。なんのために私はこんなに頑張っているのか?なんのために私はこんなに野望をむき出しにしているのか?昨日ふと気付いた。

 

企業のためだ。

 

企業に認めてもらうため。企業に応えるため。企業に自分のブランド力を見せるため。

 

私はすぐ、その意識に捕らわれる。

そう。私がここで言う"リーマン魂"というのは、まさにこれ。

 

私は本来、企業に認められるためにモノづくりをしているはずじゃなかった。ただただ、自分が作りたいものを作って、人を楽しませたいだけだった。けどすぐにこの、リーマン魂に飲み込まれる。

 

このプロジェクトが終わったら、一旦休もうと思う。